2020年8月18日火曜日

札幌展示会

 9月2日(水)から6日(日)まで、札幌市oteshioにて展示販売会が始まります。
今回の新作は北海道にゆかりのある野花がモチーフです。
写真左は"オオバナエンレイソウ"
森林の木漏れ日の中などで、ひっそりと群生しています。
自生している様子を立体感をもって再現し、花弁や葉脈の細部まで丁寧に作りこみました。
小ぶりなコサージュのような感じで、さりげなく身につけられるようデザインされた
銀製のブローチです。

右は"ハマナス"
バラの仲間ですが派手な感じはなく、可愛らしい丸みのある花弁が特徴です。
花弁、葉っぱを大きく広げ、日差しをたっぷり浴びている姿をイメージして作りました。
水平に身につけると可愛らいい感じに。少し斜めにつけてあげると上品で美しく。
身につけ方で色んな表情を見せる、シンプルで使いやすいブローチです。


いつもと変わらない自然の植物の姿に癒され、勇気づけられます。
変わらない自然の美しい植物を、小さなお守りのように身につけていただけたら、
作り手として幸いです。

2020年4月20日月曜日

小昼顔ブローチ

 新作のピンブローチ。
K18ピンクゴールド、ホワイトゴールド、グリーンゴールド、
3種のゴールドを用いて初夏に咲く小昼顔がモチーフに制作しました。
日差しをたくさん受けられるように大きく広がった葉や、
生命感のあるツタの動きが表現できました。
花びらは薄く柔らかそうに見えるよう
なんども金属の板を叩いたり、彫ったりしながらドレープを作っていきました。

昼顔より小ぶりな小昼顔。せっかくなのでサイズもほぼ同じ。
花びらの直径が33mm、全長170mmです。

受注生産になっております。
ご質問などお気軽にお問い合わせくださいませ。

mampan@mail.bbexcite.jp
山崎航




2020年1月28日火曜日

コヒルガオ ブローチ

新作のピンブローチは小昼顔。
初夏になると線路沿いなど日当たりの良いところで見かけます。
昼顔より全体的に小ぶりで、鉾のような形の葉が特徴です。
原型となる銀の板を折り曲げ、叩き花冠の薄く重なり合った様子を作り込んでいきます。
この後K18ピンクゴールドで型をとり、さらに細部を彫刻。

たっぷりと日差し浴びる花冠の様子や、ツタの生命感が表現できたらと思っています。
ヒルガオ科にはガク片の外側に写真のような苞とよばれる部分があり、
2枚の苞が花冠を支えているようにも見えます。

調べてみると、苞とは葉が変容したものであり、
蕾や若い花を風雨から守る役割を担っていると言われています。

植物のモチーフを作るようになって観察していると、小さな部分にも理由があって、
またそのどれもがとても素敵な形をしていることに気づきます。
完成がとても楽しみです。








2019年11月9日土曜日

札幌展示会

12月4日(水)から8日(日)まで、今年も札幌oteshioにて
展示会が始まります。
帯留めにもなるブローチや木の実モチーフのピアスなどを出展予定です。

新作のナナカマドのブローチです。

ナナカマドの赤い実は丸く削り出した純銅を緋銅色に仕上げました。
木の実ひとつひとつを少しずつ色を変え、多彩な自然の色味を表現しています。
トーンを抑え目にした、いぶし銀の枝葉が赤い実を引き立てます。

北海道では街路樹に多くナナカマドの木が植えられているそうです。
雪景色と赤い実のコントラストのように、このブローチもさり気なく装いを引き立てる
ワンポイントになるよう製作しました。

お越しの際はどうぞお手にとってご覧くださいませ。
写真ではお伝えできない裏面の仕上げや、葉の葉脈の表情など。
また、鏡にあわせたときの全体の様子などもご覧いただければと思います。

期間中7日(土)・8日(日)は作家も在店いたします。





2019年10月11日金曜日

名古屋個展 日程変更のお知らせ。


初日の12日(土)と13(日)は作家が店頭に立つ予定でしたが、
台風の影響の為、12日お店の営業はお休みとなりました。
翌日日曜日から個展スタートです。

交通機関の運行にもよりますが、作家在店は13日(日)を予定しています。

2019年10月5日土曜日

秋の展覧会 名古屋

10月12日(土)から10月27日(日)まで
今回3回目となる名古屋栄フーリゴシェドさんでの展示が始まります。
木の実や落ち葉、小枝などの秋らしいモチーフがいっせいに並びます。

Pierce "Twig" K18 
小枝がモチーフのピアス。
質感や表面の細かな模様にまでこだわり作り込まれています。
シンプルで直線的なデザインは日常使いから、少しかしこまった場まで合わせやすく、
様々なシーンで身に付けたくなるピアスです。


Pierce "Fallen leaves" K18
とても小さなケヤキの落ち葉
森の散策途中に見つけた小さな落ち葉がモチーフ。
森を抜ける風にふわりと飛んでいきそうな軽やかな印象のピアスです。
葉自体に動きを持たせ、薄いなかにも立体感が生まれるポーズに仕上げています。

Pendant  "Pinecone"  "Acorn"  K18
松ぼっくりと、ドングリ。
松ぼっくりは規則的に並ぶ深く入ったスリットが、陰影のコントラストを生み出します。
丸みのある輪郭と鋭く切り取られた鱗片の対比。松ぼっくりの造形的な魅力が表現できた
ペンダントになりました。

ドングリはころんとした形に仕上げ、胸元でさりげなく揺れる小さなチャームに
なればと思い作りました。写真ではみえづらいですが、先端や笠の部分のにも
こだわった細工が入っています。


Brooch "Savage" SV925
野葡萄のブローチです。
3つの方向に向かう葉っぱと、その中心にある丸い実の組み合わせが
精密な中にも、どこか愛らしい雰囲気のブローチです。
糸ノコで透かした虫食い穴がアクセントになっています。


どれもが小さなオブジェになるような作品づくりをしていますが、
今回ご紹介したものはどれも身に付けると、またひとつ
違った魅力を見せるものばかりです。

年に一度の名古屋での展示。お店ではどうぞお手にとってご試着してみてください。

初日の12日(土)と13(日)は作家が店頭に立つ予定です。








2019年7月6日土曜日

松屋銀座展覧会

7月10日(水)から15日(祝・月)まで
松屋銀座7Fデザインギャラリーにて展覧会を開催いたします。

定番のK18の作品に加え、
今回は夏らしい涼しげなシルバーを多く展示いたします。

細長く、しなやかに伸びた夏草をイメージして作ったバングルは
葉脈を丁寧に彫り込んで、葉の生き生きした表情を表現しています。
内側は鏡面仕上げ。なめらかな着け心地と時折見せる光沢感も魅力的です。

こちらは遠くから眺めた
波のきらめきをイメージして作ったピアスです。
身につけるとモチーフの薄い形が正面から見えるようになります。
緩やかな曲線同士をつなぎ合わせる稜線が
凛とした表情を見せる美しいピアスに仕上がっています。

作家在廊予定日 10日、12日、13日、14日、15日
夏の装いに身につけたくなる作品の数々
会場ではお手にとって実物をご覧くださいませ。